何のための法律なのかよく考えておく

世の中にはたくさんの法律があります。
一体誰のためのものなのか、ということを考えてみると実はとても怖いものだということが分かります。
抜け道があり、その抜け道を知っているのが司法に関わる仕事をしている人たちです。
よく聞くのが犯罪を犯しておきながら精神的に善悪の判断がつけられない状態だったとして、精神鑑定を求める弁護士がいます。
この精神鑑定を受けさせることによって作戦を考える時間を設けることも出来ます。
もしも本当に精神的にトラブルを抱えているということになってしまえば、無罪になる可能性があります。
本来であれば弱者を守るものでなければいけませんが、司法に関わる人たちのゲームのルールのような感じになっています。
ですから何かトラブルが生じた際には司法に関わる仕事をしている人に相談をしなければいけないということです。
ゲームに参加をすることが出来るのかどうか、ということは守銭奴の弁護士が決めることになっています。

多くの産業分野におけるマニュアル作成ならこちら
webマニュアルやオンラインヘルプにも対応

http://www.dhouse.co.jp/dh1_serv_translation.htm
英訳、和訳だけじゃない、多言語サービス

アーカイブ